膝サポーター通販【コルセットミュージアム】

コルセットミュージアム 腰痛ベルトの通販【コルセットミュージアム】 骨盤ベルトの通販【コルセットミュージアム】 足首サポーターの通販【コルセットミュージアム】
鍼灸整骨院のスタッフが作った膝サポーターの通販サイトです。病院で処方される膝サポーターから、スポーツ店で販売される膝サポーターまで、私たちが実際に膝の痛みの治療で使って効果のあった膝サポーターを、わかりやすく分類しました。
境界線
膝サポーターの正しい選び方 膝サポーターで変形性膝関節症を治す女性
膝サポーターは、痛みがでる動作で選びます。膝に痛みがでる動作は大きく分けて、三タイプあります。
〇動き始めの膝の痛み
関節軟骨や、筋腱の付着部を傷めた膝の痛みです。膝サポーターは膝全体を均一に圧迫する固定力の弱い膝サポーターを選びます。
〇階段を上る時の膝の痛み
膝を伸ばす筋肉が原因の膝の痛みです。膝サポーターは、膝のお皿の動きを補強する膝サポーターを選びます。
〇階段を下る時の膝の痛み
専門性が高い膝サポーターになります。サイドに金属製のヒンジを入れたり、補強テープがつけられたりします。しっかりと膝を保護してくれますが、装着と脱着に時間がかかります。
膝サポーターの正しい使い方 膝サポーターの使い方を説明する医師
膝サポーターは地肌に直接つけます。動くときだけ使います。保温を目的にする場合は少し大きめのサイズを使うと効果的です。
〇保温する膝サポーター
お風呂に入ると調子の良い膝の痛みは、温める保温タイプの膝サポーターを使うと膝の痛みが良くなります。保温する膝サポーターは、少し緩く感じる大きさのサポーターを使います。
〇締め付けるタイプの膝サポーター
マッサージすると調子のよい膝の痛みは、締め付けるタイプなお膝サポーターを使うと痛みが良くなります。締め付けるタイプの膝サポーターは、動くときだけ使います。足がむくむ前に外します。
◯支えるタイプの膝サポーター
急なターンで痛む膝は、補強するタイプの膝サポーターを使うと痛みが良くなります。膝のお皿を中心にして膝サポーターを装着して、動くときだけ使います。
膝に良いサポーター 膝サポーターで治療する柔道整復師
膝が痛む患者様ごとに良いサポーターは違います。状況に合わせて使い分けるようにしましょう。
〇血液循環を悪くさせない
部分的に締め付けないサポーターが膝に良いサポーターです。作りの良いサポーターでもサイズがあっていないと、血液循環を悪化させてしまいます。
〇パーツが膝に当たらない
形状がご自分の膝にあっているサポーターは膝に良いサポーターです。構造が良くても、保自分の膝が変形している場合、部分的にサポーターがめり込んでしまいます。
◯症状にあっている
痛みの原因にあっているサポーターが良いサポーターです。膝の重症度は人ごとに違うので、ご自分の症状にあった膝サポーターを専門家に選んでもらいましょう。
◯サイズがあっている
作りが良くても、サイズがあっていないと膝を治すことはできません。購入前に膝サポーターのフィッティングをしましょう。
フィッティングオプションの詳しい説明は こちら>>>
膝サポーターの効果 症状ごとに効果が違う膝サポーター
膝を温めて安定させることで、膝の症状を改善して自然治癒力を上げる効果があります。
〇保温する効果
膝関節は温度が低い場所で、一度ケガをすると、とても治りにくい関節です。膝を保温することで血液循環を改善して、膝の痛みを治りやすくする効果があります。
〇安定させる
膝の軟骨は、歩く動作でぐらついて傷つきます。膝を安定させることで、軟骨のすりつぶしを防いで、再発を繰り返すことを防止する効果があります。
膝サポーターの口コミ 膝の痛みの原因をもとから治す
症状とサイズがあっているかが大切です!その後に口コミを参考にしましょう。
〇血液循環を悪くさせない
年齢、性別、体型、人種、痛みの症状によって、症状にあっているサポーターは違います。まずは、ご自分の症状にあった、膝サポーターを選びましょう。
その後に、膝サポーターの商品としての口コミを参考にしましょう。
当サイトは、楽天でも店舗がありますので、口コミが書かれている膝サポーターに関しては、楽天の口コミが確認できるようにしてあります。口コミを参考にされている方はご覧ください。
ご自分にあった膝サポーターが分からない場合、専門家が膝サポーターを選ぶお手伝いをしています。
膝サポーター購入前の 無料相談>>> をご利用ください。
膝の靭帯と専用の膝サポーター 膝の痛みの原因と靭帯の構造
膝は体重を支える関節なので、骨どうしを靭帯でつないでいます。
靭帯が伸びてしまうと、膝がぐらつき、軟骨がすりへり、徐々に変形が始まります。
靭帯が伸びて膝に痛みを感じると、体を動かす動作がすべて変わり、腰や肩まで傷めてしまうので、膝サポーターで早めに保護することがおすすめです。
靭帯を傷めた場合、上下幅のある、しっかりした作りの膝サポーターを使います。
膝の水と膝サポーター 膝の水の原因を説明する
膝に水がたまるのは、膝が弱くなった証拠です!
◯膝の中にたまった場合
軟骨がすり減ると膝の中に水がたまります。まれに、膝に血液がたまることもあります。
◯膝の裏にたまった場合
膝の裏に袋ができて、水がたまる場合があります。大きくなると、テニスボールぐらいになることもあります。まれに、お皿の上に水がたまることもあります。
膝サポーターで圧迫すると、膝の水を早く引かすことができます。整形外科の先生に水を抜いてもらったときも、早めに膝サポーターを使うと癖になるのを防げます。
膝裏の痛みと膝サポーター 慢性的な膝の痛みに悲鳴を上げる男性
膝が慢性的に悪くなると、膝の裏が痛むことがあります。
膝裏が痛み出した時には、かなり膝に負担がかかっている状態です。
膝が伸びなくなってきたのが原因で、膝裏の痛みをそのままにしていると、足首や腰を傷めてしまうので、早めにサポーターで保護しましょう。
膝裏の痛みには、大腿四頭筋を補強する膝サポーターがおすすめです。
膝サポーターを使った膝の痛みの治療例
長野県で鍼灸整骨院をしています。
当院では膝サポーターを治療の大切なツールとして考えて効果を出しています。
下の写真は、前十字靭帯損傷の手術後の患者様です。
症状あった膝サポーターを使うことで、膝の症状をしっかり改善することができます。
このサイトでは、実際に現場で使って効果のあった膝サポーターをご紹介しています。
柔道整復師・鍼灸師 小泉有基
膝の痛みが原因で炎症をおこした膝
治療前
膝サポーターで膝の痛みが治った膝
治療後
膝サポーターを治療にお役立てください
膝の痛みをかばって股関節、腰、首に痛みがでた女性
膝の痛みをそのままにしていると、体のいたるところを悪くします。そんな時は膝サポーターを使うことで体の負担をなくし、膝の痛みを改善することができます。
膝サポーターに補強テープを併用すると膝の痛みが効果的に治療できます。
補強テープの仕様例
動画の患者様は、梯子から落ちて膝関節の脱臼骨折をした患者様です。二回の手術をしても歩行がうまくできませんでしたが、補強テープと膝サポーターの併用で歩行ができるようになりました。使用サポーターはゲルテックスPCLです。
膝サポーターは症状・サイズが合ってこそ効果が発揮されます
膝サポーターで膝を治療する医師と膝の痛みが治った患者
ご自身の症状に何が合うか不安な方は、 ご購入前の無料相談 をお気軽にご利用下さい。
また、膝サポーターによって計測位置や各サイズの適応範囲の設定が異なります。
各商品のサイズ表を必ずご確認ください。
迷ったときにおすすめの膝サポーター
前十字靭帯損傷の膝サポーター【ニーケアー・ACL】

前十字靭帯損傷におすすめの膝サポーター

ニーケアー・ACL

◯膝を伸ばそうとすると不安定になる膝
◯膝の半月板の痛み、歩行時の膝の不安定
◯膝の関節の腫れ、関節内の血腫

内側側副靭帯損傷の膝サポーター【ニーケアー・MCL】

内側側副靭帯損傷におすすめの膝サポーター

ニーケアー・MCL

◯膝を伸ばそうとすると悪化する膝の内側の痛み
◯膝の半月板の痛み、歩行時の内側の痛み
◯膝の関節の腫れ、階段を下りる時の痛み

後十字靭帯損傷の膝サポーター【ニーケアー・PCL】

後十字靭帯損傷におすすめの膝サポーター

ニーケアー・PCL

◯坂道を下りようとすると不安定になる膝
◯膝裏の痛み、半月板の痛み
◯階段を下りる時の膝の不安定

半月板損傷の膝サポーター【エクスエイドニーライトスポーツ2】

半月板損傷におすすめの膝サポーター

エクスエイドニーライトスポーツ2

◯膝の腫れ、ぐらつき
◯歩き始めの膝の痛み
◯膝を伸ばす時の内側の痛み

オスグッドシュラッター病の膝サポーター【エクスエイドニーオスグッド】

オスグッドシュラッター病におすすめの膝サポーター

エクスエイドニーオスグッド

◯ジャンプ、着地の膝の痛み
◯走り始めの膝の痛み。
◯膝蓋靭帯付着部の腫れ、炎症

変形性膝関節症の膝サポーター【アルファニーサポート】

変形性膝関節症におすすめの膝サポーター

アルファニーサポート

◯歩き始めの膝の膝の痛み
◯坂道を下る時の膝内側の痛み
◯夜間の膝の痛み、膝の水の防止

上に戻る 上に戻る

膝サポーターカテゴリ
スポーツで痛む膝の保護用サポーター

【スポーツ用膝サポーター集】

柔らかいので膝にフィットします。
動きやすい膝サポーターです。
歩くと痛む膝の治療用サポーター

【治療用膝サポーター集】

しっかりした膝サポーターです。
再負傷を防止、膝を支えます。
病院で膝の治療に使われる靭帯損傷用膝サポーター

【靭帯損傷用膝サポーター集】

ベルトで補強する膝サポーター。
膝の不安定防止に最適です。
病院で変形性膝関節の治療に使われる膝サポーター

【変形膝用サポーター集】

軟骨守る膝サポーターです。
軟骨のすり減りを防止します。
膝サポーターを併用した膝痛の治療例

膝の痛の治療

Copyright(C)2012森上鍼灸整骨院AllRightsReserved.